2022/04/04
4月2日㈯コール田無で弾き合い会を行いました。弾き合い会を練習のプチ目標として、普段弾いている曲やこの日のために選んだ曲、コンクールの譜読みを間に合わせた人と発表する曲は様々です。今回はステージデビューの新年長さんのOちゃん、3月から始めたばかりの新3年生のNちゃんも初参加です。小さい子から演奏を始めて、今回は春休みということで高校生も2名参加してくれて、最後は聴きごたえのある演奏となりました。 休憩をはさんで、後半は作曲家クイズ&BINGOを合わせたゲームをしました。これは、私が作曲家の生まれた年、国、有名なエピソード、代表曲などのヒントを出して当ててもらいます。その後に、その作曲家の曲を弾ける人に出てきて弾きます。急で無茶ぶりにもかかわらず、結構な人たちが弾いてくれました。小さい子たちはBINGOで名前を見つけるのに必死でしたが、いつか「聞いたことある名前だなぁ。この曲どこかで聞いたなぁ。」と思ってくれればいいと思います。 素敵な曲はまだまだたくさんあるので、ご家庭でも聴いて頂くようお家の方にお話ししました。この企画はまた続けて、さらに多くの子が前に出てきて様々な作曲家の作品を弾いてくれるようになるといいなと思います。

2022/03/22
3月20日、勝どきの第一生命ホールで行われたピティナコンペティション入賞者コンサートへ行って参りました。夜の部で(第2部)でC級以上の方々の演奏を聴かせて頂きました。皆さん、テクニックも音楽性も素晴らしいものをお持ちで、心から楽しめました。皆さん、バランス感覚が本当に素晴らしいのです。どういう指導をしたら、あんなふうになれるんでしょう。...
2022/03/02
今年もピティナコンペティションの課題曲が発表になり、楽譜集めをしてなんとなく落ち着かない気分に。毎年、この時期から半年が過ぎるのがあっという間なのです。...
2022/01/06
明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。 さて、1月5日から今年のレッスンが始まりました。年末に大掃除をして、レッスン計画ノートも新しくして、フレッシュな気分でスタートしました。新年はやはり気持ちのリセットができて良いですね。...
2021/12/21
12月18日(土)コール田無多目的ホールでクリスマス会をしました。前夜は暴風が吹き荒れていて、お天気を心配しましたが、朝は穏やかな晴天。このホールは駐車場がないので、いいお天気でひと安心。 ご父兄が、平土間状態のホールに椅子を並べて下さり (私からお願いする前にどんどん動いて下さいました)、子供たちはクリスマスツリーの飾りつけをしました。...

2021/11/22
11月14日、都営新宿線瑞江駅近くの東部フレンドホールにて、日比谷ゆめステーション(渡部由記子先生代表)主催の江戸川ステップが開催されました。前回のゆめステーションのステップは、日比谷の松尾ホールでの開催だったのですが、松尾ホールが今年の3月に閉館になってしまい、今回初めて東部フレンドホールで開催することになりました。コロナ禍でもあって、2年ぶりの開催となりました。今回もサブチーフとしてお手伝いをさせて頂きました。一緒にお手伝いした先生方は、段取りはいいし、細やかな気遣いができる、本当に優秀な方ばかり。町のピアノ指導者として、こうした組織に所属していなかったら学べなかったであろうことばかりで、とても勉強になります。 アドバイザーの先生方は角野美智子先生と渡邊由美先生、そして渡部由記子先生でした。生徒のAくんがステップ初参加で、先生方から温かいコメントを頂きました。Aくんは賞状が送られてきて、感激していたそうです。 スッテプに参加することにハードルを感じている生徒も少ななくないですが、参加してみると楽しいんですよね。 Aくんはステージが大好きなので、また続けて参加してくれるのではないかと思います。 これから12月も、ブルグミュラーコンクールの全国大会、ステップ、バッハコンクールと、年末まで生徒のステージが続きます。
2021/11/08
10月中旬から昨日まで、生徒4名ががブルグミュラーコンクール12月大会に参加していました。...
2021/11/02
10/31㈰にスケール検定が行われました。感染者が少なったとはいえ多くの受検者は動画で審査をしています。そんな中、初めての参加なのでぜひ対面で受験をしたいと小学生1年生のSくん。動画は完璧なものを撮ろうとすると何時間もかかってしまうことも。でも、対面ですと一発勝負です。小さな部屋で3人の先生の前で、1人で入ってスケールを弾くのは結構緊張したと思いますが、見事6スケール合格!スケールのはじめの一歩、大成功です。継続して力をつけていって欲しいです。
2021/10/27
ショパンコンクールの7月の予備予選からアーカイブで聴き始め、10月はほぼ毎日ショパンづけの日々でした。かつてレッスンにいらしていた大人の生徒さんが、ワルシャワまで赴き、生で聴いたコンクールの感激を熱く語られていたそのお気持ちがわかりました。時代が変わって、今回はすべてが生配信されるようになり、もちろん全員ではないですが、相当な人数のピアニストの演奏を聴きました。1音でもきき逃すまいと緊張感を持って惹きつけられる演奏、温かくまろやかな音色でとても自然な流れで癒される演奏、聴いているとウキウキと幸せな気分になる演奏、キラキラと輝いた音たち、甘くロマンチックな歌いまわし、上品さあふれ香り漂うような演奏、思わず体を動かしたくなるような躍動するリズムなどなど、様々な演奏をきいてピアノの魅力をさらに知りました。ずっと聴き続けていたら、これから自分が出す音も変わってくるような気がしてきました。素晴らしい演奏に触れる大切さ。生徒にも伝えていかなければと思います。
2021/10/05
10月3日(日)、ピティナ小平ステップ(小平ベリーズステーション長瀬里子先生代表)が、ルネこだいら中ホールで開催されました。今年もスタッフとしてお手伝いさせて頂き、教室から生徒も7人が参加させて頂きました。今回が初めての舞台になるSちゃん、大好きなポピュラー曲を弾いたMちゃん、6年ぶりにステップに参加した高校生のAちゃん、塾通いが忙しい中参加したMくん、コンクールを控えているRくん、Iちゃん、Rちゃんが参加しました。Yちゃんは、同日開催の所沢ステップに参加しました。発表会もそうですが、やはり本番があると、みんなその日に向けて調整してくるので、練習にも身が入ります。指導者としても、生徒のステージでの演奏は、普段のレッスンでは得られない気づきがあります。 参加した生徒の中には、教室以外の他の参加者の演奏の素晴らしさに感激したと話していた人もいました。ステップは、教室の外の広い世界を知る機会でもあります。今年は、これからまたコンクール、ステップと、生徒のステージが続きます。

さらに表示する